一般家庭からでも赤ちゃんモデルになれる?

「芸能界って、親や兄弟、親戚などが芸能人の人が多い。」

そう思う方も多いでしょう。

時には、「身内に芸能人がいると、絶対に売れる。」とも考えてしまうかも知れません。

確かに、これは、大体当たっていますね。

芸能人は、今まで築き上げてきたコネクションがあります。

でも、コネクションばかりではないことも確かです。

2世タレントの方って、それなりにオーラのある方が多いですよね。

一般の方には、あまり無い雰囲気を持っていることも多いものです。

芸能界では、コネクションの他に、実力も必要です。

「親が役者でお子さんも役者。でも、お子さんは、全く演技の出来ない役者。」

なんてことは、ほとんどないはずです。

なぜなら、親は、役者として売れる方法を知っているからです。

親にも、売れなくて苦労のあった時代は、きっとあったことでしょう。

それだけに、お子さんが自分と同じ辛い経験をしなくても済むよう、お子さんに役者として売れる方法を、きちんとアドバイスしているでしょう。

もしお子さんが全く演技ができず、スタッフの手を煩わせてしまうのだとしたら、既に売れている自分の顔まで潰すことになってしまいますし。

ただ、「同じレベルの役者同士を比較して、どちらかをドラマに起用しなければならない。」となると、コネクションのある方を起用してしまうこともあるかも知れませんね。

親の築き上げてきた業界での信頼性もあるでしょうし。

一般家庭から赤ちゃんモデルを目指すなら、実力は文句がないくらいにあった方が良いでしょう。

とは言え、「赤ちゃんモデルの実力って、何だろう?」と言うところですよね。

お父さんやお母さんとしては、赤ちゃんをカメラ慣れさせることも大切ですし、どんな赤ちゃんモデルが活躍しているのか、他の赤ちゃんモデルを研究してみることも大切です。

だからと言って、他の赤ちゃんモデルも全く真似するのも、個性を必要とする芸能界では、受け入れられないこともあります。

色々なモデルを研究して、いかに自分のお子さんに合った方向性を見いだしてあげられるかですね。

一般家庭からでも、赤ちゃんモデルを目指すことは出来ますが、お父さんやお母さんが、どれだけお子さんに協力してあげられるかが大切です。

お子さんの仕事の際には、お父さんやお母さんが付き添うことになります。

どんなにお子さんが可愛くても、お父さんやお母さんの態度が悪いと、今後のお子さんの仕事にも影響してしまうので、家族みんなで気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です